資格取得・技能習得ガイド

英語の発音についての情報

英語の発音について


英語の発音の簡単な例として、
例えば、Bankをカタカナにすると"バンク"ですが、そのままカタカナ読みで発音しても、絶対通じないんですよね…
で、正しい発音をカタカナに置き換えようとしても、これがまた困難なので、結局バンクにするしかない…
ローマ字のaを発音するとアですが、英語だとエイですよね?
まずそこから違いますよね?

LoadとRoadをカタカナにすると、どちらもロードで、カタカナ発音は同じですが、英語での発音は全く違ってきますよね?

PlayとPrayも同じプレイですが、間違った発音をすると全く違った意味なので、すごく困ったことになりかねない…

そういうのが、例えばLとRの区別が難しいという原因の一つにもなってきますよね?

それに、アメリカ英語ではTは発音しないので、カタカナで覚えるとまたややこしくなってしまう…
例えばカタカナだと、Bat(バット)・Print(プリント)になりますが、カタカナをそのまま読んでも、変なアクセントの英語になってしまいます。
そして律儀に最後までしっかりと発音しようとするので、変な発音になってしまう…

Water(ウォーター)・Letter(レター)もtは発音しないので、カタカナで英語を勉強する機会の多い日本人にとっては、便利だけど結果的にカタカナ能力がじゃまになってしまいます。

和製英語の例
使い方のおかしな単語例


ユーキャンの通信講座をオススメ
案内資料は無料で請求可
▼▽▽▼


「ケイコとマナブ」資料請求はコチラ
▼▽▽▼
資格 スクール

ページの先頭へ
英語の発音と和製英語/top
(C)資格・技能習得ガイド